アンソニー・ベダード:
マネジメント・トレーニングのスペシャリストに聞く

人材管理」は数ある修了証書プログラムの中でも特に人気が高く、受講生が自身の職場で応用できる知識やスキルの習得ができることが、その一番の理由といえます。講師のインタビューを通じて、人材管理の分野を探求してみましょう。

先生の経験について詳しく教えてください

私は現在東京で駐在員として働いているカナダ人です。これまで、さまざまな分野(海外取引業務、経理、人事など)で、マネージャー、コンサルタント、トレーナーとして20年以上仕事をしてきました。業界、組織を問わず、ビジネスの成功は優秀な人材の努力と貢献からなしえるものと自信をもって言えます。そのため、私はビジネスの人間的側面についての研究、教育、マネージングに時間を多く費やしてきました。

担当する講座について詳しく聞かせてください

経営および人事に着目したコースを多く担当しています。(人材管理、人事考課と査定、変革管理、組織的行動など)さらに最近、新たにポジティブ心理学を担当しています。業界や分野に関わらず、最新かつ最も効果的で応用のきく管理手法を受講生が確実に理解し、利用できるように日々努めています。

先生の講座を修了した受講生のサクセス・ストーリーがあれば聞かせてください

TUJでの5年間の教務経験で、多くの受講生の成功に刺激を受けてきました。ある中間管理職の受講生が組織行動論のコースで学んだ人柄、性格について、自社の社員評価と採用システムに取り入れたところ、彼はこの大役を見事にこなし、同僚からとても賞賛されました。別の受講生は、真の指導者としての職を求めて会社を退職しました。彼は現在、大手旅行会社のヨーロッパ事業の運営管理を任されています。子供を持ち在宅勤務をしていたある受講生は、人材管理の資格を職に活かし、東京の一流法律事務所で人事関連の管理職につくチャンスを掴みました。

しかし、真の"成功"は受講生がTUJで学びながら身つける「自信」だと考えます。知識というものは学ぶことをやめてしまえば、あっという間に退行してしまうものです。TUJの受講生は常に前進し続けています。

どのような方が先生のコースを受講していますか。

人材管理の職に就きながら、専門知識をさらに向上させたいという受講生もいます。その他に人材管理の職に転向しようとしている受講生もいます。しかし、多くは単純によりよいマネージャーになるため、または彼らが選択した分野でより質の高い仕事ができるようになることを目標としています。文化が多様なTUJでの授業は、豊かで有意義な職を目指している方にはすばらしい教育の場といえます。

ご存知でしたか?

TUJ生涯教育プログラムでは、毎学期講師やコースについてのアンケートを実施しています。アンソニー・ベダード講師は、毎学期大変高い評価を得ており、その豊富かつ有用な情報量と授業アプローチから多くの受講生に慕われています。