インターン受け入れまでのプロセス

  1. まずご連絡ください:
    TUJインターンシップ・プログラムの概要をご確認のうえ、TUJ就職部に電話あるいはE-mailにて受け入れに興味がある旨をご連絡ください。
  2. ミーティング:
    TUJ就職部より折り返しご連絡差し上げます。基本的な事項を確認させていただいた後、当オフィス担当者と受け入れ先企業・団体の担当者様によるミーティングをさせていただきます。ミーティングが難しい場合はE-mail、電話でのやり取りも可能です。ミーティングにて、予定される職務内容、希望する学生像、予定就業期間など詳細のお打ち合わせをさせていただきます。
  3. 求人票の提出:
    学生受け入れを希望する学期開始のおよそ2ヶ月前に求人票を提出いただきます。TUJでの各学期のおおまかなスケジュールは下記の通りですが、開始日はAcademic Calendarにて確認いただけます。
    • 秋学期: 8月下旬から12月上旬まで
    • 春学期: 1月上旬から4月中旬まで
    • 夏学期: 5月上旬から7月下旬まで
    また、求人票の見本はこちらからご覧ください。
  4. 学生の応募:
    求人票の告知後、学生は当オフィスを通じて、希望する企業・団体に応募します。応募書類は英文レジュメと英文カバーレターです。
  5. 採用面接:
    受け入れ先の企業・団体は、必要に応じて面接などの審査を行います。採用の可否は、全て受け入れ先の企業・団体が決めることができます。面接日時の調整は学生と直接でも、当オフィスを通してでも、どちらでも可能です。
  6. 覚書:
    受け入れ先企業・団体様はインターシップ募集開始前に本校との覚書への署名をお願いします。
  7. 進捗状況のチェック:
    インターンシップの期間中、担当教授が何度か学生と面談し、進捗状況をチェックします。
  8. インターンシップ終了後:
    学期末には受け入れ先企業・団体のスーパーバイザー(上司)により評価表(※)を作成していただきます。

※:覚書と評価表は、ご連絡いただいた際に、サンプルを提示いたします。

ノンクレジット(単位制ではない)インターンシップへの移行について

単位制インターンシップでの応募が無かった、あるいは採用ができなかった場合には、ご希望に応じてノンクレジット(単位制ではない)インターンシップへ移行することが可能です。ノンクレジット(単位制ではない)の場合は、全ての学生が自由に応募でき、大学と企業団体との間の覚書もありません。単位制で必要となる条件も適用されません。

インターンシップ求人票見本

お問い合わせ

TUJインターンシップ・プログラムにご興味を持たれましたら、まず当オフィスへご連絡ください。貴社のニーズに沿った形で詳細についてご相談させていただきます。