TUJインターンシップ・プログラムの概要

TUJでは単位制インターンシップを大学カリキュラムの一貫として運営しています。このプログラムを利用することで、学生は学外での経験を通じて単位取得できます。TUJでは大多数の学生がこのクレジット・インターンシップに参加します。クレジット・インターンシップは基本的に学期単位で運営され、学生は学期中に最低140時間以上勤務することが単位取得の条件となります。細かいスケジュールは学生と受け入れ先企業・団体との間で調整が可能です。各学期の開始日、終了日は Academic Calendar から確認できます。このプログラムに参加する学生は、3年生か4年生で一定レベル以上の学業成績を維持していることが条件となります。

クレジット・インターンシップの概要

受け入れ先企業・団体の条件

  1. インターン学生の単位取得の条件として規定されている、最低140時間の就労時間を、学期期間内に確保できること
  2. 受け入れ先企業・団体、学生、大学、それぞれの役割と責任が記載された覚書(Memorandum of Understanding)(※)に署名していただけること
  3. 学期末にスーパーバイザー(上司)に評価表(※)の記入をお願いできること

覚書と評価表は、ご連絡をいただいた際に、サンプルを提示いたします。

勤務スケジュール

受け入れ先企業・団体から特に希望がある場合は、その旨を求人票にご記載ください。応募段階で、学生側の希望を聞きながらの調整も可能です。約3ヶ月(1学期)の間に最低140時間ですので、均等に分けると週に10-20時間になります。多くの学生は、インターンシップをしながら、他のクラスもいくつか履修します。

給与

有給、無給どちらでも可能です。

学期による違い

春学期(1月上旬~4月下旬)、秋学期(8月下旬~12月中旬)に比べると夏学期(5月下旬~7月下旬)は期間自体が短く、学生数も少なくなります。一方で、夏学期に授業を取らない学生向けに、短期間集中のインターンシップを実施することも可能です。

求人票に記載する内容

企業名、事業内容、インターン業務内容、応募条件(語学力、コンピュータスキル、スケジュールなど)、連絡先、その他特記事項。(インターンシップ求人票見本はこちら

お問い合わせ

TUJインターンシップ・プログラムにご興味を持たれましたら、まず当オフィスへご連絡ください。貴社のニーズに沿った形で詳細についてご相談させていただきます。