AEP本科では「大学に入るために必要な英語」と「大学に入ってから必要な英語」の二つのタイプの英語を学びます。大学に入ってから必要な英語のほうがTOEFLよりも複雑で高い英語力を要求されるため、大学準備 College Prep Classes のほうが授業時間が多いのが特徴です。

大学準備 College Prep Classes

「大学で成功するための英語」クラス / 週16時間

テキストを読み、講義を聴き、レポートやエッセイ(小論文)を書き、グループ・ディスカッションやプレゼンテーションで話すという大学のクラスで必要な力を習得します。大学のクラスや生活をシミュレートすることによって、大学生活で必要な英語(アカデミック・イングリッシュ)を総合的に伸ばしていきます。

Reading-Based Writing (RBW)

ネイティブスピーカー向けに書かれた英語の文章を読んで内容を理解するとともに、レポートやエッセイを書く力をつけます。また英語での論理的思考力を高めていきます。

Workshop

上級レベルの文法やボキャブラリーの習得、テキストを瞬時に理解できる読解力、ネイティブスピーカーと対等に話せるディスカッションの能力及びプレゼンテーション力など、アメリカの大学で成功するために必要な英語力を伸ばします。

Content

テキストを読む、講義を聴いてノートを取る、リサーチしたりレポートを書く、プレゼンテーションを行う。こうした大学の授業で行われる一連の学習を経験し、英語による大学での勉強法を習得します。

TOEFL対策 TOEFL Prep Classes

「大学に入学するための英語」クラス / 週9時間

TOEFL PBT (Paper-Based Test) を中心に、傾向を理解し対策を練って、総合的な「テスト力」を身につけます。TOEFL iBT (Internet-Based Test) を受験する学生には、ライティングとスピーキング対策のための特別クラスも用意しています。

TOEFL PBT Listening

英語特有の音やイントネーションを聴き取る練習、会話の内容を音だけでなく意味で捉える練習をします。

TOEFL PBT Structure

高校までに学んできたグラマー(文法・熟語)を復習し、テストの特性に合わせた対策演習を行います。

TOEFL PBT Reading

幅広い分野の英語を読んで語い力を高めます。週に一度TOEFL 用のボキャブラリーテストがあります。

時間割の例

注記: 上記は予告なく変更になる場合があります。