Megumi Yen

LLM

日本語版はこちら

Thank you Dean Stronach for your kind introduction. Good afternoon to TUJ faculty, staff and graduating students, and their family and friends. I am honored to stand here and offer my congratulations to the entire class of 2017. I am receiving an LL.M. degree from Temple University Beasley School of Law with 25 of my fellow classmates. Although this is my third degree, I see the LL.M. degree as the most honorable diploma I have ever received. I will always remember the steps I took and the people I met through the program who have turned me into the person I want to be. I have acquired not only a knowledge of American law, but also, and more importantly, confidence in myself.

In 2010, the first time I attended an American law class through TUJ's Continuing Education, I was working for a Japanese IT company. My job entailed me reviewing English language contracts everyday. Although I aimed just to understand the basics of American law for my job, the more I took American law classes at Continuing Education, the more I discovered American Law as fascinating and fun. So much so, I decided to leave the IT company to apply for the LL.M. program, however I actually didn't have enough courage to fill out an application form for a while.

Why not? To be honest, I did not want to be judged by people if I said "I want to be an American lawyer." I feared someone might say that I would not be good enough. But, when I started working for the Graduate College of Education and watched bright, open minded and talented students coming from every corner of the world to reach goals and dreams, I came to realize that I was denying myself the opportunity to do what I really wanted to do like you guys. Those TUJ students were my inspiration and showed me that I was being my harshest critic and stopping myself from achieving more. Finally, it was 2014 that I submitted the LL.M. application.

Despite the difficulties to studying law, especially in my second language, English, the last 3 years at Law School have been nothing but precious. Without my fellow classmates, I would not have been as enthusiastic about studying at law school. I learned from all of youthe meaning of hard work, tenacity and how to overcome challenges. You offered me help when I was completely lost in the Contracts law class, struggling to understand the concept of offer and acceptance; and when I was absolutely terrified of the Constitutional law essay exam. You encouraged me while I was pregnant with my baby girl last year. Now I can say that I am a proud mom and LL.M. graduate.

Lastly let me express great gratitude to everyone working and studying at Azabu hall, Mita hall and Osaka office to make TUJ a unique and extraordinary educational institution. TUJ is a place where people exchange cultures and customs with each other, and learn how to think differently and voice a variety of opinions. It's truly a diverse and inclusive school. I do not know whether the next chapter of my life will be easy or difficult, but what I learned from TUJ will ensure that I move forward and aim higher. I believe strongly from the bottom of my heart that is the sprit we all earned through life at TUJ, and will keep it with us in our life after TUJ. Congratulations to all of you. Thank you very much.


イェン恵

法学修士号(LLM)

TUJの教職員の皆さん、卒業生の皆さん、こんにちは。この場に立たせていただき、2017年度の卒業生を前に祝辞を述べる機会をいただけたことを、誠に光栄に思います。本日、私は25人のクラスメイトとともに、テンプル大学ジャパンキャンパス・ロースクールより法学修士の学位を授与されます。私にとって3つ目となる学位ですが、これまでで最も誇りに思います。ここまで歩いてきた全ての道筋、出会うことができた全ての方々を、私は決して忘れないでしょう。このプログラムを通じて、そうした出会いがあったからこそ、私はなりたい自分になることができたのです。米国法の知識を得ただけでなく、さらに大切なことには、自分に自信が持てるようになったことです。

2010年、TUJの生涯教育プログラムを通じて初めて法学関係の講義に出席しました。当時の私はあるIT企業に勤めていました。仕事の一環として、書かれた契約書を精査する必要がありました。生涯教育プログラムでは、仕事で使うためだけに米国法の基礎を学ぶつもりでした。しかし仕事で使うためだけに米国法の基礎を学ぶつもりでした。そこで法学修士を目指して大学院で学びたくなり、IT企業を退職までしましたが、当時の私は入学願書を提出する勇気がありませんでした。

なぜでしょうか?正直に言うと、もし私が、「アメリカの弁護士になりたい」と言ったとき、誰かに批判されたくなかったのです。誰かにあなたには無理だと言われるのが怖かったのです。ところが、TUJの大学院教育学研究科でパートタイムで働きはじめて、聡明で自由闊達な心を持った学生が、自分の夢を実現するために世界各地から集まって来るのを見ているうちに、実は、自分の夢の追求を否定していたのは、自分自身なのだとに気付くことができました。あの時、私を鼓舞してくれたのはTUJの学生たちでした。自分に厳しくなりすぎ、自分の能力を伸ばすのを阻害しているのは自分自身なのだと、気付かせてくれたのです。私は2014年、ついに法学修士プログラムの願書を提出することができました。

法律を学ぶのは決して簡単ではありませんでしたが、ロースクールでの3年間は自分にとってかけがえのない時間となりました。クラスメイトの皆さんからの刺激なしでは、ここまで法律の勉強に打ち込めなかったと思います。粘り強さ、大変な努力、そして困難の克服など、皆さんから多くを学ばせていただきました。契約法で申込と承諾 (offer and acceptance) の概念を理解するのに苦しんでいたとき、皆さんが助けてくれました。また、憲法学の3時間の小論文試験に恐れをなした時も同様です。また昨年、子どもを授かり、女の子を出産したときにも、皆さんが、私の志を維持し、勉強を続ける励ましとなりました。とても感謝しています。昨日、子どもは生後8か月となりました。母親としても法学修士としても、自分を誇りに思います。

最後に、TUJを他に類を見ない素晴らしい教育機関にしている麻布校舎、三田校舎、大阪校で学び、働いている全ての方々に、深く感謝したいと思います。TUJはいろいろな人々が集まり、互いの文化や習慣を教え合い、違う考え方を受け入れ、学び、違う意見を口にしていく――そうした場所です。これほどの多様性と受容を持ち合わせた場所を、私は他で見たことがありません。世界で最も多文化な都市といわれる、ロンドンにもこんな場所はありません。私の人生の次の一章が楽なものになるのか、困難なものになるのか、わかりません。しかし、TUJで学んだ経験が私を必ず前に進めてくれますし、より高い目標をめざすよう促してくれる、そう思っています。それこそが、私たち全ての生徒がTUJでの生活で得た精神であり、TUJを卒業後の人生でも常に私たちが抱き続けていく精神だと信じています。本日は皆さん、本当におめでとうございました。