Aiko Shigeta

B.A. in International Affairs

日本語版はこちら

Good afternoon. It is my pleasure and great honor to have the opportunity to stand up here and speak on behalf of the graduates of the Temple University, Japan Campus undergraduate program of 2016. If you do not mind allowing me a few minutes, I would like to recall the memories of TUJ, with which I believe every student here will empathize.

However, before I begin, I would first like to express my sincere condolence to the families and relatives who lost loved ones, and also to express my sympathy to all who were affected by the Kumamoto earthquake two months ago. Furthermore, although it has been 5 years since the Great earthquake in Tohoku, there are still many people living in evacuation shelters. We all hope for the quick recovery of the injured persons, and we wish the families and relatives the strength to bear the difficulties they are going through.

Now I would like to begin by saying CONGRATULATIONS! Congratulations to all, including me, we made it to the final stage of our student life. I know many of you have already started walking towards the next stage of your life, but without this commencement ceremony, I believe it was hard to say we have "graduated" (well, at least for me). So let’s briefly recall our years at TUJ (and I ask the professors to close their ears for 30 seconds, thank you).

My years at TUJ passed by slowly but quickly. I believe many of you felt that every class was long, especially summer time. Every 30 minutes, someone will stand up, walk out the door, step outside, and jump into Seven Eleven. Yes, those convenience stores are very addictive, I understand. Yet, everyone here worked extremely hard. The very first day of the new semester, the professors hand out the syllabus, we skip the first three pages, and immediately turn to the schedule at the back to check the essays, presentations, tests, quizzes, mid-terms, and final exams that we need to overcome in next 15 weeks. You sit there thinking, "I don't think I can survive this semester." But after a few days, you realize that you are sitting in the library or study room with your thick textbook open. I believe that every Temple student, in this room or not, feels that complaining is a waste of time. We all understand that if we do not study, we will fail. If we do not complete our homework, or do well on tests, we will fail. We are responsible for our own growth. It is up to us how our future will look.

I don't plan on speaking about the deep meaning of life, as I am not Steve Jobbs. However, I would like to say one thing to the current students of Temple. We understand the difficulties you are having as we have gone through the same situation. But don't forget that there are many people around you. Don't be afraid to rely on others, the people around you, whether it be your friends, families, classmates, professors, or staff. Make lots of connections. Go participate in student activities. Go to the 6th floor and talk to the professors. Run around the building and communicate with the staff. Go back home and talk to your family. It is important to discover a way to have a fun student life. It doesn't matter how you do it; it all depends on your way of thinking. You will be surprised on how effective this is once you start working.

Although I said that you are responsible for your own growth, it was not possible to come this far without the support of a lot of people. So I would like to close my speech by showing my gratitude towards everyone who guided us to this very moment. Firstly, thank you to all Temple staff, who tried their best to solve our concerns regarding academic and non-academic issues. Thank you to all the professors who spent hours every day putting together the class materials in order to keep our attention (also, thank you for being patient with our complaints). Thank you to all the current students for being by our side at all times, making our days at Temple memorable. And a big thank you to our parents for supporting us throughout our tough times, giving us the precious opportunity to graduate such a wonderful university. It is important that we must never forget this feeling of appreciation, as it will become the source of our energy when we face the difficulties and challenges that lie ahead of us.

Once again, congratulations to all the graduates, and I wish you all the very best for the future.

Thank you.

茂田 愛子

文学士号 国際関係学科専攻

こんにちは。テンプル大学ジャパンキャンパス2016年度学部課程卒業生の代表としてここに立ちお話しさせていただく機会を得たことを非常にうれしく、大変光栄に思っています。少しお時間をいただいてTUJの思い出をお話しさせてください。ここにいる学生一人ひとりが共感してくれることと信じています。

スピーチを始める前に、2カ月前の熊本地震で被災された方々のご家族とご親族の皆様に心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。それから東北での大地震から5年が経ちましたが、いまなお多くの人が避難生活を続けています。負傷された方々の一刻も早い回復を願っています。そして被災者のご家族やご親族の皆様がこの苦難を乗り越えられることを祈っています。

では、まず初めに言わせてください。おめでとう!皆さんおめでとう。私自身にもおめでとう。私たちは学生生活の最後のステージにたどり着きました。皆さんの多くがすでに人生の次のステージへと歩み始めていますが、この卒業式を迎えないことには「卒業した」とは言いづらかったと思います(少なくとも私は)。ではTUJでの日々を簡単に振り返ってみましょう (教授たちは30秒間、耳をふさいでいてくださいね)。

私のTUJでの日々はゆっくりと、しかしあっという間に過ぎました。きっとどのクラスも長く感じた人が多いと思います、特に夏の間は。30分ごとに誰かが席を立って教室を出ていき、セブンイレブンに駆け込んでいました。そう、コンビニは本当に癖になります。それでもここにいる誰もが猛勉強をしました。新学期の初日、教授からシラバスを受け取ると私たちは最初の3ページをとばしてすぐに巻末のスケジュールに目をやります。これから15週間のうちに乗り越えなければならない小論文、プレゼンテーション、テスト、小テスト、中間試験、期末試験について確認するためです。そして「この学期を切り抜けられるとは思えない」と席に座りながら思います。しかし数日後には、分厚い教科書を開いて図書館やスタディルームの椅子に座っている自分に気づくのです。この場にいる人もいない人も、テンプルの学生なら誰もが愚痴を言うのは時間の無駄と感じていると思います。私たちはみんな、勉強しなければ単位を落とすことを理解しています。宿題を終わらせなければ、またはテストで良い点をとれなければ、単位を落とすのです。私たちは自分自身の成長に責任を負っています。未来がどのようなものになるかは自分次第なのです。

ここで人生の深遠な意味についてお話するつもりはありません。私はスティーブ・ジョブズではありませんから。しかし、テンプルの在学生に1つお伝えしたいことがあります。私たちには皆さんの抱えている困難が理解できます。同じことを経験してきたからです。皆さんの周りには大勢の人がいることを忘れないでください。周りの人に頼ることを恐れないでください。それが友人でも家族でもクラスメートでも教授でもスタッフでも。多くの人と知り合ってください。課外活動に参加してください。6階へ行って教授たちと話しましょう。校舎を駆け回ってスタッフと話しましょう。そして家に帰って家族と話をしてください。楽しい学生生活を送る方法を見つけることは大切です。どんな方法でも構いません。あなたの考え方次第です。働き始めたら、これがすごく効果的であることに驚くはずです。

自分の成長は自分次第だと言いましたが、多くの方々の支えなしにここまでたどり着くのは不可能でした。ですから、今日この時まで私たちを導いてくださった全ての方々への感謝の気持ちを伝えて、このスピーチを締めくくりたいと思います。

まず、テンプルの全てのスタッフに感謝します。学業に関することもそれ以外のことも含めて、私たちの心配を解決するために最善を尽くしてくださいました。それから、私たちの集中力を引きつけておくために毎日多くの時間を費やして教材をつくって準備してくださった全ての教授に感謝します(そして私たちの愚痴に寛容でいてくださったことにもお礼を申しあげます)。

また、全ての在校学生に感謝します。いつも私たちのそばにいて、テンプルでの日々を忘れがたいものにしてくれました。そして両親にも、本当に感謝しています。辛かった時に私たちを支え続け、このような素晴らしい大学を卒業する貴重な機会を与えてくれました。私たちはこの感謝の気持ちを決して忘れてはなりません。この先に待ち受けている困難や問題に直面した時、この気持ちは私たちにとってエネルギーの源となるでしょう。

最後にもう一度、皆さん卒業おめでとうございます。皆さんの未来が輝かしいものになりますように。

ありがとうございました。