Natalie Mason Barbieri

M.S.Ed.

日本語版はこちら

First, let me start by saying congratulations to all of the graduates, especially my classmates in the School of Education. We did it! I know that for many of us, it took a lot to get here. And let's be honest, this school is not easy and it is not cheap. It took many of us working extra jobs we truly hate, taking out loans, and finishing assignments until late hours in the night to get where we are now. We should all realize this truly amazing achievement that we've made.

With that being said, I want you to look around at all of the support we have. Our parents may be here, some of which travelled thousands of miles to literally see you walk across a stage and receive a piece of paper. Our siblings, our relatives, and so many people that helped us to be here today. I know that for me, without that support, specifically from one very dedicated and amazing teacher, I would have never started nor never graduated.

Being here right now brings in a lot of feelings. Some of us are happy, we're ecstatic, maybe even surprised that we made it here. Others, sad that it's over because we may have to leave or move away from people we truly love, and maybe for some of us, grateful that we can now move on to the next steps in our lives and find a job.

A few months ago, when I was asked to speak here today, first I said no. But a memory, something that I hadn't thought about in years, came to mind. Six years ago, when I was working as a Teach for America teacher in Washington DC, two of my students were having a discussion about achievement. One student said to the other, "Hey, we're gonna graduate soon. You know what that means, right? We're done." And the other student looked up with no hesitation in his voice, and said, "No, we're just getting started." These kids were 14 years old.

This isn't easy. Where we are right now wasn't something that was given to us. We earned it. Many people here moved from their homes, some of us half way around the world, away from our families and our friends, our comfort zone, to pursue an education in Japan. There are many people that have never even left their hometowns. We're courageous. We're inspired. We're motivated. We will be the next piece of the puzzle.

Look, I really didn't want to come up here and make a lame speech about achievement. I know that we've heard these things a thousand times, if not from our parents, then our friends, our school counselors, our mentors, or our professors at Temple. But, no matter how much we want to push away or ignore the truth, we really have made great achievement in our lives. And, if I could leave you with any thought, it would be that we truly are and can become the next great leaders in the world that we live in. We really can make an impact. We really are able to change things, if not today, then tomorrow; if not tomorrow, then the next day. To all of the graduates, we've already made the first big leap.

Thank you.


ナタリー・メエソン・バビエリ

教育学修士(M.S.Ed.)

はじめに、卒業生の皆さん、とりわけ大学院教育学の私のクラスメート達に、おめでとうございます、と言わせてください。やりましたね!ここに辿り着くまでに多くのことを乗り越えてきた人達が多数いると思います。それに正直言って、この学校は簡単ではないし、安くもありません。私達の多くは好きでもない仕事をいくつも掛け持ちして、教育ローンを組んで、深夜まで宿題をこなして、ようやく今この場にいます。私達は皆、こうして積み上げた自分の功績に気付くべきです。

その上で、私達の周りにはどれほどの支えや助けがあったか見回してもらいたいのです。私たちの両親。中には何千マイルも移動して、あなたが壇上を歩いて紙切れを一枚受け取る姿を見に来てらっしゃるのかもしれません。それから私たちのきょうだい、親戚、その他多くの助けてくれた人達。私はそれらの支え無くして、特に一人の大変献身的で素晴らしい先生がいなければ、ここに入学することもなかったし、決して卒業することもできなかったでしょう。

今ここに立っていると、いろいろな感情が湧いてきます。幸せいっぱい、われを忘れて興奮状態、ここにいるのが信じられない人もいるでしょう。ここを去り、愛する人達と離れ離れになって悲しい人もいるでしょう。また、人生の次のステップへ踏み出し、仕事を探せることに感謝している人もいるかもしれません。

2〜3か月前、今日ここでのスピーチを頼まれたとき、初めは断りました。しかしその時、ここ何年も思い出したことのない記憶がよみがえってきました。6年前、ワシントンDCでティーチ・フォー・アメリカの教師として働いていたとき、成果について2人の生徒が議論していたことがありました。1人は「もうすぐ卒業だね。それがどういう意味がわかっているよね?終わりってこと」と言うと、もう1人の生徒はためらうことなく「いや、始まったばかりだってことだよ」と言いました。この子たちは14歳でした。

簡単なことではありません。私達が今いるところは、与えられたものではありません。多くは故郷を離れ、中には地球を半周して、日本で教育を受けるために家族や友達に別れを告げ、心地よい環境を後にしてきました。中には生まれ故郷から出たことが無かった人達もいます。私達は勇敢なのです。刺激されたのです。モチベーションも高い。私たちはパズルの次の一片になるのです。

ここに立って、成果についてつまらないスピーチをしたくはありませんでした。私達は同じことを何千回も聞いてきました。両親からはもちろんのこと、友達、スクール・カウンセラー、メンターや、テンプルの教授陣から。しかし、どれほど真実から目を背けようとしても、私達は本当に人生で素晴らしい成果を遂げたことに間違いはないのです。そして、何か一つ皆さんに一言伝えるとすれば、私達の暮らす世界で次世代の素晴らしいリーダーになることができるだろうし、実際にそうである、ということでしょう。私達は本当に世の中にインパクトを与えることができます。何かを変えることができます。もし今日でなければ明日、明日でなければその翌日。私達なら可能です。卒業生の皆さん、私達は既に大きな一歩を踏み出したのです。

ありがとうございました。