Wilson Steiger

MBA

日本語版はこちら

Good afternoon. Dean Stronach, professors, distinguished guests and fellow TUJ graduates, I am humbled and honored to make this commencement speech today on behalf of the Temple University, Japan Campus, the Fox School of Business, Executive MBA Class of 2014.

Two years ago, twenty individuals started on a journey for personal growth. Each of us had our own reasons to seek an MBA, and we all came from varied backgrounds and career fields. Our graduating class includes a Comptroller, a SAP Administrator, a Marketing Manager, a Brand Manager, a Magazine Editor, IT Managers, a Lawyer, and we even have a CEO. There are seven different countries represented in our graduating class; we come from China, Germany, Japan, the United States, Spain, Bulgaria and the Philippines. Our class proves that TUJ is truly an international University.

We all had our own lives that were put on hold. Our hobbies, personal projects at work, BBQ parties, undokais, happyokais, vacations and weekends all took a backseat to our studies, homework, reading assignments and collaboration calls. I, for one, have read more in the past two years than I have in the previous 38 years of my life, and I won't even mention how much sleep we all have missed out on. A language teacher once told me that when I start dreaming in the language I was studying, that is when I'll know I am really learning it. We have all had nights where we would dream that we were trapped in Harvard Case Studies so I guess we have truly learned how to be an MBA. I just thought they were nightmares.

Today, those 20 individuals from two years ago will officially be recognized as MBAs. But, what exactly is an MBA? A simple Google search will explain that an MBA is a master's degree in business administration. Essentially, an educational deep dive into the very core of business featuring courses on accounting, finance, marketing, human resources, corporate strategy and operations management. After completing eight courses of our program, I came up with my own description of what an MBA is; getting an MBA is not about me, but rather it is a learning experience about us. A team, a group of leaders that work together to reach an above par experience. An MBA is not an individual's degree. It is a degree showing a personal ability to reach higher through effecting actions of those around us. Simply, an MBA is a leader, a follower, a team member, a manager and a coach. Two years ago we were 20 individuals, but today we are MBAs.

Ours was not an easy journey. We saw tragedies; injuries; hospitalizations; and unfortunately, even death of loved ones. We came together to see each other through our hard times, and we supported each other when needed. I could tell you that our journey is over, but that would be a terminological inexactitude. We've only scratched the surface of the possibilities in our future.

To my cohorts, I congratulate you all today! —WE DID IT— It is no longer a dream. Today it is a reality. We are MBAs. To the staff at TUJ we, as a class, say thank you. All of your hard work was noticed. We would like to especially say thank you to Dr. Miki Mori, Jacqueline Osawa, Mieko Aoki, Sumiko Koga and Yoko Sawahata. You will always hold a special place in our hearts.

To close, I'll borrow the words of my sempai, Glenn Argyle – Class of 2013. "I salute the class of 2014, and I look forward to continuing our friendship and camaraderie for the rest of our lives."

Thank you.


ウィルソン・スタイガー

経営学修士(MBA)

こんにちは。ストロナク学長、教授陣、ご来賓のみなさま、卒業する学生のみなさん、私は今日ここでテンプル大学ジャパンキャンパス エグゼクティブMBAプログラムの2014年卒業生を代表して、ごあいさつ申しあげることを大変恐縮するとともに光栄に思っています。

2年前、20名が個人的な成長の旅を始めました。私たちはMBA取得へ向けてそれぞれの理由があり、多種多様な背景を持ち様々なキャリア領域から集まってきました。今日卒業する私たちのクラスには会計監査役、SAP管理者、マーケティング・マネージャー、ブランド・マネージャー、雑誌編集者、ITマネージャー、サプライチェーン・マネージャー、英語教師、弁護士、さらにCEOもいます。クラスの中には、中国、ドイツ、日本、アメリカ、スペイン、ブルガリア、フィリピンと7か国出身の学生がいます。私たちのクラスを見るとTUJが真に国際的な大学であることがわかります。

私たちにはみな一時保留にしてきたものがありました。趣味、仕事での個人的なプロジェクト、バーベキューパーティ、運動会、発表会、休暇、週末は、すべて私たちの勉強、宿題、読書仮題、グループワークに優先順位を譲ってきました。私個人としては過去2年間でそれ以前の38年間の人生を通してより多くの読書をしましたし、私たちがみな睡眠時間をどれだけ削ったかは言うまでもありません。ある外国語の先生がかつて私に、学んでいる言語で夢を見始めたら、本当にそれが身についている証拠だと教えてくれたことがあります。私たちはみなハーバード・ケーススタディに捕まった夢にうなされた夜があったでしょう。単なる悪夢だと思っていたのですが、あれはつまり私たちが本物のMBAになることを学んだということなのでしょう。

今日、2年前ともに学び始めたその20名は正式にMBA取得者として認められます。しかし、MBAとは一体何なのでしょう?グーグルで検索するとMBAは経営学修士号と説明が出てきます。元来、それは会計、金融、マーケティング、人材、企業戦略、運営管理を含むビジネス中核への教育的深堀りです。プログラムの8つのコースを修了して、MBAとは何か、自分なりの説明にたどり着きました。MBAの取得とは私自身についてではなく、むしろ私たちチームの学習経験についてであると。チーム、標準以上の経験に到達しようと共に力を合わせるリーダーたちのグループ。MBAは個人の学位ではありません。周囲にいる人たちの行動に影響を与えることで、より高い境地へ到達するための個人的能力を示す学位です。簡単に言うと、MBAはリーダーであり、随行者であり、チームメンバーであり、マネージャーであり、コーチでもあります。2年前、私たちは20名の個人でしたが、今日私たちはチームMBAになりました。

ここまでの旅は容易ではありませんでした。私たちは、悲劇、怪我、入院、そして、残念ながら大切な人たちの死にすら直面したこともありました。私たちは共に困難を乗り越え、必要なときには支えあってきました。私たちの旅は終わりましたが、それは言葉としては不正確といえます。私たちの将来の可能性をほんの少し学んだだけにすぎないからです。

クラスメートのみなさん、今日はおめでとう!ついにやりましたね!今日はもう夢ではなく、現実です。私たちはチームMBA。TUJのスタッフのみなさん、クラスを代表して、感謝の意を表します。みなさんが一生懸命支えてくださったことはよく知っています。とりわけ、森美樹也ディレクター、ジャクリーン・オオサワさん、青木美恵子さん、古閑澄子さん、沢幡陽子さんにお礼を申し上げます。みなさんは私たちの心の中の特別な場所に居続けるでしょう。

最後に、2013年に卒業した先輩、グレン・アーガイルの言葉を借りたいと思います。「2014年のクラスのみなさん、本当におめでとう。そして、これから一生涯にわたる友情とお付き合いをよろしくお願いいたします。」

ありがとうございました。