Asako Shinohara

LL.M.

日本語版はこちら

Hello, everybody. It's my pleasure to stand in front of you speaking on behalf of all the graduates of the TUJ LL.M. program. First thing I would like to say is "Thank you" to everyone who supported us during our days at TUJ: fellow students, who always encouraged and inspired each other; our professors for stimulating us to think and to question; the staff at TUJ who always offered us timely and supportive advice; friends and colleagues; and, most of all, our families.

As most of us were part-time students with full-time jobs, we always struggled to arrange our work schedules to make it to class. Many of us were non-native speakers, which made preparing for class in the limited time we had available very difficult. However, we have made it here today to commencement because so many people have supported us.

Like many of my fellow graduates, a long and winding road has led me to this stage. My legal career started in 1997, when I decided to study international law in Kyoto University. At that time my interest in law was very tenuous, since my dream was to work in international sales. In 2001, after graduating, I got a job as a salesperson for a Japanese global company that sold printing plates in Europe.

The first watershed in my career came in 2007 when I was offered a position in the company's Legal Department. Though it was an attractive offer which would give me a chance to work in company-wide projects and broaden my field of activity, I hesitated to take the leap. To be honest, I was scared to leave my familiar life, abandon my original dreams, and jump into a completely new world. What ended my hesitation was a short e-mail from my current boss. In his last sentence he wrote words which I have never forgotten: "No one knows what she will get when a dice is cast, but why not at least roll the dice with your own hands?" Those words gave me the courage to open the door to a different world.

My new life as a legal adviser started smoothly, but soon my lack of legal knowledge became an obstacle, especially when I was involved in large international projects. Since I had almost no experience of the common law, I strongly felt the need to study at a U.S. law school. After considering many possibilities, I finally decided to study at TUJ since it allowed me to keep my job, stay with my family, and learn U.S. law at the same time.

In applying to TUJ in May 2010, I submitted a personal statement which ended with the sentence: "I am just about to open a new door, which is sure to lead to a new stage of my career." The world inside that door was full of ups and downs. As I mentioned, finding time to study while working a full-time job was not easy. I remember so many days when I carried my textbook and electronic dictionary everywhere, so I could study on the train, during lunch time, and even when cooking for my family. While I recall these memories fondly now, at that time, of course, I felt like crying.

I can still remember the shockwave I felt when I took my first class, Legal Research and Writing. Unlike in the familiar Japanese-style class, we were immediately required to actively speak up, which took courage for a typical shy Japanese student like me and many of my classmates. Although we may have taken a while, most of us not only got used to this style, but grew to enjoy it. Despite our initial hesitation, we learned that the experience of actively listening, thinking, questioning, and presenting our own thoughts during class would give us a chance not only to learn what we really needed to know, but also —through discussion with our professors and classmates— to think broadly and deeply. For me, this experience, which I could not have acquired unless I had entered TUJ, has become a great asset upon which to draw, especially when I am working with my colleagues or discussing issues with my clients.

My greatest difficulty came in 2012 when I had to take a one-year leave from school for pregnancy and childcare. Although that experience was the most wonderful in my life, it did become a hurdle in continuing my studies. When I started to consider returning to school, I did not have confidence in my ability to wear three hats, studying, working, and taking care of my 6-month-old daughter. When I finally made up my mind to return, the strongest driving force was that I did not want to use my daughter as an excuse for giving up something which I had been putting so much energy and effort in. But could I really do it? Of course I could! I thought of my fellow classmates who were working energetically while being good mothers at home and who, surprisingly, were always among the most active participants at school. Their positive attitude gave me the courage to face this big challenge, and led me, as I am sure it did others too, to this stage today.

Again, and above all, on behalf of all of us graduating, I want to say a very big thank you to our families, friends, colleagues, and everyone who has stood beside us during the years of study, some who are with us now, and others who could not join us today. The goal we have achieved today is not only our personal achievement; it is something we must share with those who have supported us, probably with great patience and much sacrifice.

I personally would like to share this achievement with my husband Naohide who has always been supporting me, taking care of our daughter, Sae, to let me make time to study, and always encouraging me when I felt discouraged. Without his help, I would never have been able to reach this goal.

Now, once again, we are standing in front of a door, pausing first to say goodbye to our fruitful days at TUJ, while carrying through that door everything we earned and learned from the experience there —knowledge of U.S. law, personal connections with fellow students, the ability to listen carefully to others and to actively and independently think, question and discuss, and the courage to confront a big challenge in times of difficulty and stress.

We do not know what the world on the other side of the door will be like, but one thing we know for sure. We have gotten over so many difficulties already, as our big achievement here today testifies, so no matter what is waiting for us through the door, we can deal with it.

Congratulations to all, and thank you so much.


篠原 朝子

法学修士(LL.M.)

みなさん、こんにちは。TUJのLL.M.プログラム卒業生を代表して、みなさんの前でお話しできることを光栄に存じます。初めに、TUJでの学びの日々を通じ、私たちを支えてくださったすべての方に「ありがとうございます」と申しあげたいです。共に学んだ学生のみなさんとは、いつも互いに励まし、刺激しあいました。教授陣のみなさんには、私たちが考え、疑問を持つよう鼓舞していただきました。TUJのスタッフのみなさんは、いつもタイムリーなアドバイスで支えてくださいました。友人、同僚、そしてなにより家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

私たちの多くはフルタイムの仕事を抱えたパートタイムの学生で、授業に出席するために仕事のスケジュールを調整することに常に格闘していました。また、クラスの大半はネイティブスピーカーではなかったため、限られた時間内で授業の準備をすることは簡単ではありませんでした。しかし、私たちを支えてくださった多くの方々のおかげで、今日この卒業式の場に立つことができました。

多くの卒業生の仲間たちと同様に、私もこの舞台にたどり着くまでに紆余曲折を経てきました。私の法務キャリアは1997年、京都大学で国際法を学ぶ決意をしたときから始まっています。当時、私の夢は国際商取引で仕事をすることでしたので、法律に対する興味は極めて薄いものでした。2001年に大学を卒業した後、ヨーロッパで印刷版を販売する日系グローバル企業で営業職に就きました。

私のキャリアで最初の重大な転機は2007年、その会社の法務部でポジションを提示されたときに訪れました。全社規模のプロジェクトに携わり活動の場を広げる魅力的な機会の提示でしたが、私は一歩を踏み出すことをためらっていました。正直なところ、慣れた環境を離れ、元々の夢を手放し、全く新しい世界に飛び込むことが怖かったのです。私のためらいを断ち切ったのは当時の上司からの短いEメールでした。最後の文章で、彼は私が忘れることのできない言葉を投げかけました。「サイコロの目がどう出るかは誰にもわかりませんが、せめてあなた自身の手でサイコロを振ってみてはどうでしょう?」この言葉が私に違う世界への扉を開く勇気を与えてくれました。

法務担当者としての私の新しい人生は順調に始まりましたが、ほどなくして自分自身の法務知識の欠如が、とりわけ大きな国際プロジェクトに関わるときには障害となってきました。慣習法に触れる経験がほとんどなかった私は、アメリカのロースクールで勉強する必要を強く感じました。様々な選択肢を検討した結果、私はTUJで学ぶことを決意しました。仕事を続けながら、家族と共に暮らし、同時にアメリカの法律を学ぶことができるからです。

2010年5月にTUJに出願した際、私は志望動機の最後に、「私は今まさに新たな扉を開けようとしています。その扉が私のキャリアにおける新たなステージに通じていることを確信して。」と書いて提出しました。その扉の内側の世界は山あり谷ありでした。先ほど申しあげました通り、フルタイムの仕事をしながら勉強する時間を見つけるのは簡単ではありませんでした。来る日も来る日も教科書と電子辞書をどこに行くときも持ち歩いて、電車の中でもランチタイムにも家族のために料理をしている時ですら勉強できるよう奔走したのを思い出します。今では良い思い出ですが、当時はもちろん泣き出しそうな心地でした。

私が初めて「Legal Research and Writing(法務調査とライティング)」の授業を取った時の衝撃は今でも忘れられません。それまで慣れ親しんだ日本式の授業と違って、私たちはすぐに活発に発言することを求められました。これは私や多くのクラスメートのような典型的恥ずかしがり屋の日本人学生には勇気が要ることでした。時間はかかりましたが、大部分の学生はこのスタイルに慣れただけでなく、それを楽しめるまでに成長しました。最初のためらいにも関わらず、授業で積極的に聴き、考え、質問し、自分の考えを発表する経験が、私たちが本当に知識をつけなければならないことを学ぶだけでなく、教授陣やクラスメートたちとのディスカッションを通じて広く深く考える機会を与えてくれることを学びました。私にとって、この経験はTUJに来なければ得られなかった大きな財産として、とりわけ同僚と仕事をするときやクライアントと打ち合わせをするときに大いに役立っています。

私の最大の困難は2012年に訪れました。妊娠と子育てのため1年間休学をしなければならなくなったのです。人生で最も素晴らしい経験ではありましたが、勉強を続ける上で障壁となったことは事実です。復学を考え始めたとき、私は勉強、仕事、そして6カ月の娘の子育てという三足のわらじを履く能力が自分にあるか自信がありませんでした。復学を最終的に決断した決め手は、自分がエネルギーと労力をこれだけ費やしてきた何かを諦める、その言い訳に娘を使いたくなかったという気持ちでした。でも、本当に私にできるでしょうか?もちろん、できますとも!私は、精力的に仕事をしながら家庭では良き母であり、驚くべきことにいつも学校で最も活発に発言しているクラスメートたちのことを思いました。彼女たちのポジティブな姿勢はこの大きなチャレンジに向き合う勇気をくれ、私を、そしてもちろん他のクラスメートたちをも同様に今日この舞台へと導いてくれました。

いま一度、卒業する私たちすべてを代表して、家族、友人、同僚、そして在学中私たちの傍で支えてくれたみなさん、今この場にご一緒いただいている方や今日ここへ来られなかった方もおられますが、すべての方々に心から感謝の意を表します。私たちが今日到達したゴールは私たち個人の成果であるだけではなく、多大なる忍耐と多くの犠牲を払って私たちを支えてくださったであろう方々と分かち合うものです。

私自身はこの成果を、いつも私を支え、勉強の時間を確保するために娘 紗瑛の面倒を見、私が自信をなくしているといつも励ましてくれた夫 直秀と分かち合いたいと思います。彼の助けなしには、このゴールには到達しえなかったでしょう。

そして今再び、私たちは扉の前に立ち、TUJでの実りある日々に別れを告げるために一旦立ち止まり、そこでの経験から勝ち取り学んだすべてのもの、アメリカの法律知識、ともに学んだ学生との個人的なつながり、他者に注意深く耳を傾け、積極的かつ自主的に考え、疑問を持ち、議論をする能力、困難やストレスに向き合い大きなチャレンジに立ち向かう勇気、すべてを持ってその扉を通り抜けようとしています。

扉の向こう側にどんな世界が待っているかはわかりませんが、一つだけ確かなことがあります。私たちは既に多くの困難を乗り越えてきました。今日のこの大きな成果が示すように。扉の向こうに何が待っていようとも、私たちはそれに立ち向かい乗り越えることが可能なのです。

みなさん、おめでとうございます。そして、ありがとうございました。