Glen Argyle

MBA

日本語版はこちら

Dean, Professors, Distinguished Guests and Fellow students, it is my great honor to make this commencement speech today on behalf of the Temple University Japan, Fox Business School, Executive MBA Class of 2013.

Our graduating class consists of 21 students, two of whom (Chris Kojima and Phuong Nguyen) could not be with us today. Personally, I think the fact that the 21 of us were able to make it this far is an outstanding achievement. Two years ago, after only the first class, I for one was sure that I would not be able to last to the end. I will never forget that first class. It was clear that we had a brash back row of students that wanted 100% in their class participation grade. These heavy hitters from the US, Canada and the Philippines were providing input all over the place—and not surprisingly some of it was valuable too. For example, some inspirational catch phrases from the financial industry were "fire him" and, not surprisingly after the financial crisis, "don't worry, we would give any old idiot a loan".

But seriously, we were all so nervous and green. We persevered through some pressure cooker quantitative classes like statistics, accounting and finance, as well as some more open-ended classes like human resources, marketing and the comprehensive final capstone course. We all learnt more about one another and we learned how to lead from one another. Perhaps most importantly, we learned more about ourselves and our motivations and strengths as people and leaders.

On a personal note, I learnt never to trust a Myers-Briggs introvert to keep quiet. For example, one introverted computer scientist—let me call him Alan—proved to me that introverts can make amazing presenters and wow you with their passion and their animation work. Another introverted avionic drug specialist—let me call him say Kentaro—proved never ask an introvert for a short and simple answer, because there is always 20 sides of any story that need to be explored by an introvert. No offence, you guys. You know I love you.

An MBA—a master of business administration—that is the title to which each of us aspired. In fact, one of us wanted the title so much that he did it twice. Well guys and gals from the class of 2013—congratulations—we made it!

Let me ask a question. With so many MBAs available today, why did we choose Fox Business School and Temple? We chose Temple because it is a U.S. university, because Fox is AACSB accredited, and probably because we wanted the best education that we could get in English, in Japan. But what was more important than any of these points? What was the most important element of doing an MBA at Temple? Hands down, for me, it was the people.

  • We had many great Professors. Professors that shared their real-world work experience and passion for their topics with phrases like "go short", "go long", and "formula". And who will ever forget the magical "hidden champions"?
  • We had great support staff, and our thanks go out to Mikiya Mori, Jacqueline Osawa, Sumiko Koga and Mieko Aoki for making our program what it was and for professionally responding to all of our needs and requests. We also had the invaluable support of our families and friends who kindly forgave us for being around that little bit less for two years.
  • And finally, we had each other. We had youth. We had experience. We had people from all over the world. And had people from all walks of life. We had homework by the truckloads. We had long hours on Skype together. But most importantly, we gained each other's friendship then and now.

Having an MBA is going to open new doors to each of us, doors that were closed to us before. But as Spiderman continually reminds us in each new movie, "with great power comes great responsibility"! So, yes we earned our MBAs through sweat and tears, but we have also been so very fortunate to have this opportunity. As we grab hold of new leadership roles, we will have the opportunity to contribute even more to society and to those around us. So, let's not forget to give back.

I salute the class of 2013 and I look forward to continuing our friendship and camaraderie for the rest of our lives.


グレン・アーガイル

経営学修士(MBA)

ご来賓のみなさん、先生方、そして卒業生のみなさん、今日ここに2013年度修了のエグゼクティブ向けMBAクラスを代表してご挨拶させていただくことを、心から光栄に思います。

今期のクラスは、今日参加できなかった2人を含めて21人います。私たち21人が今日この日を迎えられたということは、とても素晴らしいアチーブメントです。2年前、プログラムの最初の授業が終わった時、このプログラムを最後までやり遂げるのは無理だと思ったものです。その最初のクラスのことを決して忘れる事はないでしょう。後ろのほうに座ったちょっと生意気な学生たちは、クラスディスカッションへの参加評価で100%の成績を取りたかったのは明らかでした。アメリカ、カナダ、フィリピンなどから来たこうした大物たちは、どんな場面でも発言しまくり。もちろん、その中には価値のあるものも含まれていましたよ。たとえば、金融業界では「クビにしろ」「大丈夫、だれにでも貸すから」などというすてきなキャッチフレーズが使われていることととかね。(笑)

まじめな話に戻しましょう。私たちは最初は皆とても神経質で未熟だったのです。その後私たちは、統計、会計、財務といった頭の痛くなるような定量的分野のクラスも、人事やマーケティング、そして最後の総合戦略科目といった、もっと自由な発想が求められるクラスも、耐え抜いてきました。私たちはお互いについて学び、お互いからリーダーシップについて学びました。おそらく最も重要なことは、私たちは自分自身について、人として、リーダーとしての自分の動機と強みについて、より多くを学んだことでしょう。

個人的なことを言うと、私はマイヤーズブリッグス性格テストで「内向的」と判断された人がいつも黙っているとは限らないことを学びました。とてもシャイで内向的に見えても、プレゼンをやらせるとものすごくうまくて、その情熱とアニメーション技術に驚いたこともあるし、別の内向的なクラスメートは、どんな質問にも、短いシンプルな答えではなく、いつも20通りの考え方を披露してくれました。いえ、気を悪くしないで。みんなのこと大好きだから。(笑)

私たちがみな目指してきたタイトル、MBA。経営学修士号。実際、あまりにもそれが欲しくて2回もMBAを取得した仲間もいたくらいです。2013年のクラスのみんな、おめでとう、私たちはついにやり遂げたんです!

ここで、ひとつ質問です。いまどきMBAプログラムなんてたくさんあります。その中でなぜ、テンプル大学のフォックス・ビジネススクールを選んだのか?テンプルはアメリカの大学だから。フォックスはAACSBの認証を受けているから。そしておそらく、日本で英語で受講できる最高の教育が受けたかったから。でもそういうことよりも大事なことがあったはずです。テンプルのMBAを選ぶにあたり一番重要だった要素は?私にとってそれは、「人」でした。

まず、すばらしい教授陣。先生方は実際のビジネス界における経験と、専門分野にかける情熱をわかちあってくれました。Go Short, Go long, formulaといった単語、それから例のhidden championsというフレーズはいったい誰が忘れるでしょう。(笑)

それから、すばらしいスタッフ。森ディレクターをはじめ、スタッフの大沢さん、古賀さん、青木さん。みなさんがこのプログラムを支えていること、そして私たちのさまざまなリクエストに誠意を持って応えてくれたことに感謝します。また、この2年間一緒に十分過ごせないことを許してくれた家族や友人達からも、計り知れないほどのサポートがありました。

最後に、すばらしいクラスメート。若さと経験を持ち寄り、世界中から、いろんな業界から集まった私たち。山のような課題をこなし、スカイプで長時間語り合った。そして、なにより、私たちは友情を育むことができました。

MBAを取得したことで、私たちは以前は閉ざされていた新しい扉を開けることができます。でも、スパイダーマンが新作が出るたび思い起こさせてくれるように、「大きな力は大きな責任を伴う」のです。私たちのMBAは文字通り、汗と涙の結晶です。でも同時に私たちは、そういう機会を得られた幸運に感謝しなければなりません。私たちが今後新しいリーダーの役割を引き受けるとき、私たちは社会と自分の周囲に対して、さらに大きい貢献をするチャンスが与えられたことになるのです。お返しをすることを忘れずにいましょう。

2013年のクラスのみなさん、本当におめでとう。そして、これから一生涯にわたる友情とお付き合いをよろしくお願いいたします。