Virginia Kate Gillenwater Kita

Master of Science in Education

日本語版はこちら

Ms. Kita currently teaches English at a Japanese school (grades 7-12). We talked to her about why she chose to study for a Master of Science in Education (M.S.Ed.) at Temple University Japan Campus and her dream / goals.

What do you do in your current job?

I teach junior high school students beginning English pronunciation, communication phrases, writing, and phonics. At the high school level, I teach "Oral Communication" classes to first and second year students. My position involves creating and carrying out lessons, as well as helping to design exams appropriate to each level. The top priority is to make the classes engaging and comprehensible, yet challenging.

Why did you want to study for master's degree?

Before coming to Japan, I had already decided to be a teacher. I am licensed in the US to teach Spanish, Social Studies, and English. Once I came to Japan, I wanted teacher training in TESOL in order to better meet my students' needs. I also wanted a credential that would be useful at the primary level and the tertiary level, which is why I chose the master's degree program.

What was the biggest challenge during your time at TUJ?

The biggest challenge for me was making time to study and attend classes week after week, given my commitments at work and home. The challenge was particularly daunting during the peak times when papers, presentations, and studying for exams all came at once.

How did you overcome that challenge?

I learned to make better use of my time. I always tried to keep up on my readings and to begin preparation of papers and presentations well in advance of due dates. I also found ways to take advantage of my commute time on the train.

How do you envision your degree and your experience at TUJ will help your future career?

The master's degree in TESOL has already helped me in the classroom. I believe that having the degree will demonstrate my commitment to the field and my desire to teach English in different settings. I also believe it will advance my career, as this degree will qualify me for opportunities in the future for which I otherwise might not be considered.

Tell us about your dreams and aspirations.

My dream is to become an excellent teacher. I want to be able to communicate clearly and effectively with students of all ability levels, and to make English accessible to them. I hope I can motivate students to take on the hard work of trying to master a foreign language; moreover, I want them to believe that this goal is within their reach. Eventually, I would like to gain experience with students of various skill levels and abilities. I would also like to have more opportunities to research topics related to language acquisition and motivation.


喜多 バージニア・ケート・ギレンウォーター

教育学修士(M.S.Ed.)

喜多さんは現在、中高一貫校で英語教員として働いていらっしゃいます。教育学修士を取得しようと考えた理由や、将来の夢・目標などを伺いました。

現在の仕事内容を簡単に教えてください。

中学生に基礎発音、コミュニケーション・フレーズ、ライティング、音声学を、高校では1年生と2年生にオーラル・コミュニケーションを教えています。また、授業づくりやその実施のほか、それぞれのレベルに即した試験の企画サポートも行っています。授業を魅力的に、わかりやすく、しかもやりがいのあるものにすることに重点を置いて教えています。

修士を取得しようと思った理由はなんでしょう?

来日する前から、教員になろうとすでに決めていました。アメリカで、スペイン語、社会科、英語を教える資格を持っていますが、日本に来て、生徒のニーズによりよく応えていくためにTESOLという分野で教員教育を受けたかったのです。また同時に、初等教育でも高等教育でも有効な資格を取得したいと考えたのも、修士課程を選んだ理由です。

勉強中なにがいちばん大変だったでしょう?

仕事や家庭を両立しながら勉強するための時間を作り、毎週授業に出席することがいちばん大変でした。特に論文やプレゼンテーション、試験勉強が一度にやってくるピーク時には困難を極めました。

どうやってそれを克服しましたか?

時間の上手な使い方をを学びました。リーディング、論文やプレゼンテーションの準備は余裕を持って締め切りのかなり前から始めるようにし、通勤電車での時間を活用する術も発見しました。

修士号を取得したことやテンプルでの経験が、今後のキャリアにどのように生かせると思いますか?

TESOL修士での学びは、すでに教室で役立っています。学位を取得するということは、この領域に対してのコミットメント、そして異なる環境で英語を教えたいという私の意欲を示すことであると考えます。また、この修士号は、思いがけないチャンスを将来私にもたらし、キャリアアップにつながっていくと信じています。

喜多さんの人生の夢をお聞かせください。

私の夢は素晴らしい教員になることです。どの英語力レベルの生徒とも、明快にそして効果的にコミュニケーションできるようになって、彼らにとって英語を身近なものにしたいですね。外国語をマスターするための大変な勉強に向き合えるよう生徒たちのやる気を引き出し、ゴールは彼らの手の届くところにあるということを信じてもらいたいと思います。最終的に、さまざまなスキルレベル・能力の生徒たちと経験を積んでいきたいです。また、言語習得とモチベーションに関連したテーマの研究機会をもっと持ちたいと思っています。