米日財団助成プログラム「高等学校教員対象アメリカ研修 (2010年)」

研修内容と目的

当プログラムは、日本の高等学校教員の方を対象にした、一週間のスタディツアープログラムです。東京・フィラデルフィア・ニューヨークでアメリカ研究専門家によるレクチャーを受講し、アメリカの歴史、文化、多様性、さらにそれらを背景とした現代のアメリカ社会について学びます。さらに、合衆国誕生の地フィラデルフィア、そして文化の街ニューヨークで、真のアメリカを体験していただきます。ぜひこの機会を、国際教育の実践にお役たてください。

研修期間

2010年7月24日(土)~ 8月1日(日)

研修スケジュール

7月24日(土)
オリエンテーション
「アメリカの歴史と文化、日米関係」
プレゼンテーション (テンプル大学ジャパンキャンパス)
7月25日(日)
成田空港から米国ニューアーク空港へ
ニューアーク空港からアムトラック鉄道でフィラデルフィアに移動
7月26日(月)
「北米先住民とヨーロッパ人の接触」
レクチャー、キャンパスツアー、博物館見学 
(フィラデルフィア)
7月27日(火)
「南北戦争とアメリカ民主主義の危機」
レクチャー、ウォーキングツアー
(フィラデルフィア)
7月28日(水)
「終わらない公民権運動」
レクチャー、ウォーキングツアー
(フィラデルフィア)
7月29日(木)
アムトラック鉄道にてニューヨークへ移動
国連本部ツアー、ニューヨーク市内散策
(ニューヨーク)
7月30日(金)
「初期移民全ての入港地:エリス島」
クルーズ、レクチャー、フィールドワーク 
(ニューヨーク)
7月31日(土)
移民地区探索
博物館ツアー、チャイナタウン、リトル・イタリー散策
(ニューヨーク)
8月1日(日)
ニューアーク空港から成田空港へ (成田到着は8月2日)
(希望者は自費で滞在延長可)

*上記のスケジュールは変更になる可能性がありますのでご了承ください。

ページのトップへ移動