English>>日本語

スタッフリスト

フェスティバル・ディレクター: クラリッサ・カール・イノベルト

クラリッサ・カール・イノベルト

映像作家・プロデューサー。ドイツ・ミュンヘン生まれ。97年武蔵野美術大学造形研究科映像コースを外国人として初めて修了。その後、日本大学芸術研究科で松本俊夫監督に師事。自主映画でベルリン国際映画祭メディアカルチャー部門準大賞受賞など多数受賞。日本で公開された作品には、ドイツ映画「MON-ZEN」(ラインプロデューサー)、NHKドイツ語会話「ミュンヘンより愛をこめて」(台本・演出協力)、アイドル・ビデオ「D-Splash! 大城美和」(撮影)やドキュメンタリー「sur|FACE 14人の現代建築家たち」(制作・監督・撮影)などがある。

フェスティバル・キュレーター: 鈴木朋幸

鈴木朋幸

東京生まれ。ニューヨーク大学在学中より美術展やイベントを手がけ、卒業後はNYのギャラリストとして活躍。1996年帰国、水戸芸術館の広報担当として映像企画を推進。水戸映画祭のアドバイザーも務め、各地の映画祭や美術館のプログラミングに従事。2002年独立、アート映画やインディーズ作品の企画、製作、配給等を開始。以後、ニコラ・フロック、シャロン・ロックハート、福島拓哉、松梨智子、マシュー・バーニー、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ローランド・ハーゲンバーグ、槌橋雅博、辻直之の作品に関与。

テーマ曲: ベネディクト・ブライダーン

ベネディクト・ブライダーン

ドイツ出身。ミュンヘンのリヒャルト・シュトラウス音楽院のバイオリンとピアノを専攻。その後ロサンゼルスのUSCで映画音楽作曲について学んだ。作曲家クリストファー・ヤングに師事した後、数々のインディーズ映画やテレビドラマの音楽を担当し、数々の国際映画祭で受賞している。また、演奏家としてもJanet Klein and Her Parlor Boys、Johnny Crawford Dance Orchestraとともに、自分自身が プロデューサーを務める、Hot Club Quartetteへの参加で、国際的に高く評価されている。


ネクストフレーム・ニッポン学生委員会:

石井賢(広報)
ノエルはまぐち(翻訳)
橋本未来彦 (翻訳)
加瀬愛華(広報・翻訳)
川添安季子 (広報・翻訳)
くわはらまさとし(翻訳)
窪田隆之(技術管理)
斉藤美江(広報・翻訳)
坂口未幸(フライヤーデザイン・ウェブサイト)
ジョシュワ・ダグラス・スミス(ウェブサイト)
たかはしさよこ(翻訳)
ミハイロ・タナシエビッチ (予告編・オーディオ予告編)

Special thanks to:
ユーセフ・アルザワーウィ (広報)
キャルコート・マーレック(広報)
ジェネル・キャンティ (翻訳)
井上泰延(翻訳)
ニール・ひでお・ヒックス (ウェブサイト)
小川真理子 (翻訳)
ジュード・ピエール(翻訳)
フェイドール・ ソルンツェフ (翻訳)
杉本雄一 (翻訳)
竹澤竜樹 (広報)
為川直(広報)
梅若猶巴 (翻訳)
安田けんじ(翻訳)
吉川瑛理奈(翻訳)


...many thanks to all the other volunteers who are contributing to our festival!